初期妊娠の中絶費用は15万円が相場?私が実際にかかった費用

GAK85_orangeironoyuuhitoshiroikosumosu

さまざまな事情があって、人工妊娠中絶を考えている人にとって、中絶にかかる費用は非常に気になるところです。

 

 

そこで、今回は、中絶にかかる費用についてみていきたいと思いますが、中絶費用は、中絶手術を行う時の妊娠週数に深く関わります。

 

 

※私が二十歳の時に中絶手術を行った際の実際の費用も最後に載せています。

 

 

中絶費用を決めるための、ネックとなる妊娠週数の境目は、「妊娠12週目」です。

 

 

妊娠11週目6日までの中絶を、初期中絶と呼び、妊娠12週目0日からの中絶を、中期中絶と呼びます。

 

 

費用は、初期中絶と、中期中絶とで大きく変化しますので、今回は妊娠初期の初期中絶に限って、費用面のお話をしたいと思います。

 

 

ですから、もしも妊娠12週目に入ってからの、中期中絶の手術を検討中の方は、こちらの記事をご参照くださいね。

 

 

さて、初期中絶にかかる費用ですが、まず最初に覚えておかなくてはならないのが、中絶手術には保険が適用されず、全額が自己負担になるということ。

 

 

これは初期中絶であっても、中期中絶であっても同じです。ですから、費用は通常の通院や手術と比較して、高額になります。

 

 

そして、病院によっても、価格設定に差があることを、あらかじめ頭に入れておきましょう。その上で、大体の初期中絶の費用についてお話したいと思います。

 

 

初期中絶の場合、手術そのものにかかる費用は、15万円ほどと言われています。

 

 

術前に検査と処置が必要になり、このための費用がおよそ2万円。また、処置後には、初期中絶で3回ほど通院する必要があります。

 

 

およそ3千円~5千円が3回で、1万5千円ほど。合計して、17~20万円ほどをみておく必要があります。

 

 

初期中絶のできる期間は、おおよそ妊娠5週目~妊娠11週目です。

 

 

妊娠0~4週目の場合には、胎児が小さすぎること、また、手術のために必要なぶんだけ子宮口や産道が開きづらいということから

 

 

手術自体を妊娠5週目以降に見送ることが多いようです。

 

 

手術自体は、初期中絶の場合は短時間で済むことがほとんど。

 

 

手術時間は5~10分、長くても20分あれば終了してしまいます。

 

 

事前の処置が必要で、子宮口を器具を使って広げ、また麻酔をかけますが、大規模なものではないので日帰りも可能。

 

 

手術規模が小さいことから、費用も中期中絶に比べれば安価なのです。

 

 

また、初期中絶の中でも、胎児の大きさにあわせて、手術費用を2段階に分けているクリニックもあります。

 

 

一例を挙げると、都内のクリニックで、5週~9週6日までの手術費用が12万円程度。10週~11週6日までは、14万円程度、と定めているところが実際にあるようです。

 

 

費用の詳細に関しては、自分の妊娠週数を確認する意味も含めて、必ずクリニックを受診して問い合わせましょう。

 

 

妊娠週数の確認は非常に大切です。なぜならば、中絶の施術が妊娠12週目に1日でも入ってしまうと、初期中絶としては扱ってもらえず、中期中絶の扱いになります。

 

 

すると、さきほどおよそ17万円ほど、と予算をたてた中絶費用は、一気に40万円以上に跳ね上がります。

 

 

妊娠週数は、基本的に、最終月経のあった初日を0日目として数え、この日から7日目までを妊娠0週目、翌日から14日目までを、妊娠1週目と数えます。

 

 

しかし、週数を何週目とするかについて、優先されるのは、最終月経の日よりも、胎児の大きさです。

 

 

クリニックで胎児の大きさをエコー確認してみると、自分で認識していた妊娠週数が少し前後するということもあります。

 

 

結果として、自分が思っていたよりも時間的に余裕がなくなってしまうケースも考えられますので

 

 

妊娠がわかったとき、中絶を考え始めたとき、決断はできていなくても、できるだけ早く身近なクリニックを受診して、週数と費用の確認をとることにしましょう。

 

 

最終月経の開始日がはっきりとわかっている場合でも確認は必ずとってください。最終月経がいつ始まったか、はっきりとわからない場合はなおさらです。

 

 

なお、中絶の費用ということで考慮に入れておきたいものが、もうひとつあります。

 

 

それは、カウンセリング料金です。人工妊娠中絶は、それを行う女性の心に大きな負担をかけるものです。

 

 

心の負担は、時として身体的な負担よりもずっと大きく、直接中絶にかかる費用ではありませんが

 

 

心理カウンセラーなどの専門家のカウンセリングを必要とする場合も多くあります。

 

 

心理カウンセリングは、サロン等で受けると1回に5千円~1万円ほどの費用がかかることがほとんどです。

 

 

回数が増えれば費用も増えますが、心のケアはしっかりしておきたいもの。中絶にかかる費用の一部として、できれば確保したい予算ですね。

 

 

中絶費用は早ければ早いほど少なくて済みます。中絶する事を心に決めたら家族やパートナーに中絶費用を相談して準備しましょう。

 

 

ちなみに私が二十歳で手術をしたときは妊娠9週目で手術費用だけで13万でした。前後の診察や検査を含めて15万円です。相場からすると少し安かったのだと思います。

 

 

しかしその時の私は誰にも相談する事が出来ず、結果として自分で費用を工面する事になりました。

 

 

~中絶した赤ちゃんはどうなるの?水子の話~

ページ上部へ戻る