未成年の中絶

MAR96_kinomi

中絶を選択する理由には、様々なものがあります。

 

 

経済的なものであったり、複雑な事情が関わっていたり、中絶という結論に至るまでには、それぞれがいろいろなしがらみを抱えています。

 

 

その中でも、未成年の中絶についてはどうでしょうか。

 

 

未成年者の妊娠や中絶というのは、センセーショナルな話題としても、新聞やワイドショーなどのメディアで取り沙汰されることもあります。

 

 

まだ学生であるから。

 

 

子供を産んで育てるための生活能力がない。

 

 

あるいは相手と婚姻関係になることが難しいケースなど、未成年者の妊娠は特に、中絶手術を選ばざるを得ないことが多いかもしれません。

 

 

未成年の妊娠や中絶については賛否両論ではありますが、そうした立場の人たちは相談できる相手も見つけられず、一人で途方に暮れていることもあります。

 

 

ここでは、そのような未成年者が妊娠してしまい、そして中絶を考えることについて、取り上げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

未成年の妊娠と中絶

 

 

そもそも、未成年の妊娠や中絶が疑問視されるのは、何故でしょうか?

 

 

かつての日本では、10代で輿入れし、出産をすることはごく普通とみなされていましたね。

 

 

しかし、現在は20歳が成人と定められていることもあり、成人として満たない年齢の若者が妊娠して出産することや

 

 

中絶をすることは好ましくないという風潮が一部では浸透しています。

 

 

あるいは、そうした未成年たちが気軽に性交渉をし、避妊が完全ではないことから妊娠してしまった場合に安易な中絶を選ぶことで

 

 

若い体への負担や、将来本当に出産したいときの影響などが危惧されているようです。

 

 

たしかに、そうした問題は一つの正論ではあるでしょう。
ただしその一方で、望まぬ妊娠や子供を養っていく力のない状態での出産をしてしまったがために、その後の人生に大きな後悔を残してしまう場合もあります。

 

 

なかなか自分では責任を取れない立場であれば、あらかじめリスクを回避することは視野に入れておきたいことですが

 

 

それでも起こってしまった事態にどう対処していくかを考えていくことも重要になってきます。

 

 

未成年の中絶手術に親の同意書は必要?

 

 

未成年者が妊娠し、中絶を考えたときに多くの人にとって気になることの一つが、中絶手術を行う病院へ提出する同意書の問題ではないでしょうか。
通常の中絶手術では、手術を受ける本人と相手の男性の同意書の提出が求められます。
そして未成年での中絶手術では、親の同意書が必要であるということが一般的ですね。

 

 

ところが中絶を希望する未成年者の中では、できることなら親には内緒にしておきたいと考える人は少なくありません。
どうにかして親に知られずに中絶手術を受けられるか、そんな疑問を抱えている人をいろいろな場所で見かけます。

 

 

実際のところ、中絶手術を行う際に、同意書を必要としないクリニックは存在します。
こうした情報は、インターネットの口コミなどを探せば見つけることができるでしょう。

 

 

けれども、大多数の医院で同意書が必要とされる理由を、いま一度考えてみてください。

 

 

未成年者ということで、親の庇護下にあるというのが世間での認識です。

 

 

その親に無断で中絶手術を行ったがために、身体に今後にも影響するようなダメージを与えてしまった場合、患者の親からその責任を追及される可能性が発生します。

 

 

そうしたリスクを避けるためにも、多くの病院では親の同意書が必要不可欠になっているのです。

 

 

一人で悩まずに相談すること

 

 

未成年での中絶は、1人で解決するのは難しい問題です。
必ずしもパートナーが親身になり、共に責任を負ってくれるとも限りません。

 

 

また、中絶手術を行うためには、高額の費用も必要です。
中絶にかかる費用は手術を受ける時期によっても変わりますが、おおよそ10万円から30万円が相場とされています。
未成年者の立場でこれだけの金額を用意するのは困難でしょう。

 

 

このような状態の中でも、自分の両親に直接相談することができれば、その負担はグッと減ります。

 

 

あるいはどうしても親には言えないという場合でも、身近に相談できる対象がいないか、周りを見回してみてください。

 

 

たとえば学生であれば、校医に話を聞いてもらうこともできます。

 

 

また、多くの自治体やその他の機関でも、こうした問題について相談できる窓口はあります。

 

 

自分一人では思いつかなかった方法や、具体的に病院などを紹介してくれることもあるでしょう。

 

 

未成年の立場で中絶をするという選択は、気遣わしいものだと思います。

 

 

それでも誰か頼れる存在があるということは、精神的にもとても心強い事です。

 

 

どうか不安な気持ちを一人で抱え込んでしまわないようにしてください。

 

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る