• 2018.6.18
  • コメントは受け付けていません。

手術が終わった安心感と、赤ちゃんに対しての申し訳ない気持ちが交互に

167df37644a2344485feffadc8fbfd44_s

ニックネーム さりな

 

私は23歳です。

 

先日中絶手術を行いました。

 

生理が遅れて3日目…吐き気と倦怠感があり

 

身体がやや熱っぽく、自分でもなんとなく

 

妊娠してるな…というのが分かりました。

 

4日目には検査薬を買い、濃く陽性ラインがつきました。

 

彼と相談。

 

いづれ結婚するつもりでもありましたが、

 

お互いの意見で、今じゃない という結果に至りました…。

 

避妊はしていたので、彼は驚いてました。

 

100%ではない、というのが改めて感じました。
インターネットで人工中絶を行っている病院を探し数日後、病院に行きました。

 

超音波エコーで確認できた我が子

 

「この黒いのが胎嚢ですね、きちんと子宮内に妊娠されてます」と説明された際、凄く悲しく、なんとも言えない感情になりました。

 

先生からは「今回は残念ながら手術ということで…」

 

と手術の同意書を頂き、今後の流れを説明をしていただきました

 

指定した希望の日にして頂けるということで、仕事のお休みの日を照らし合わせながらきめました。

 

その日はそれで帰宅…当日には出来ないので、最低でも2、3日(術後の経過もあり)は来院しないといけないそうです。

 

手術の前日、子宮に異常な痛み、生理2日目程度の多量の鮮血の出血がありました。

 

仕事中だったため、その場でうずくまり動くことができませんでした。

 

5分程度で収まり、それからは軽い鈍痛

 

病院が明日だったので様子をみることに。

 

前日の0時以降は絶食、絶飲。

 

化粧,マニュキアはしない。

 

9時までには来院する。

 

自分で車を運転してこない。

 

生理ショーツ1枚、大 ナプキン1枚 小 2~3枚

 

同意書,手術費の準備

 

(全部で10万円弱です)

 

そして、当日。

 

彼に送ってもらい病院の中には1人で。

 

病院によっては付きそう事もできるそうですが出来なかったので、送り迎えのみ頼みました。

 

夜、不安と悲しみで眠れず、30分前に病院につきましたが、病院が空いていたので中に入れて頂き、事前に費用は支払い待合室で待ってました。

 

先生からの診察があり昨日の出血について説明すると「もしかしたら流産の傾向があるね」

 

「ちょっと見てみましょうね」とのことで、超音波で確認していただきました。

 

「見えますかー、胎嚢も大きくなっていて、赤ちゃんここにいますよ」との声が…。

 

「出血は子宮が収縮したときにあるので気にしなくて大丈夫ですよ。」とのことでした。

 

心拍も確認でき、その瞬間涙が止まりませんでした。

 

内心「流産だったほうがまだよかった。」と気持ちが強かったからです。

 

それからすぐにでは手術の準備。

 

血圧など図り、吐き気止めの薬を筋肉注射で注入

 

別室移動。

 

下着とズボン、ブラジャーを取り

 

手術台に。

 

両足は紐のようなもので固定されました。

 

点滴も入ります。

 

看護師さんが先生に「準備出来ました」との声。

 

先生が来られ、では始めましょうね。と言われ

 

看護師さんが「いまから麻酔いれますよー」

 

「私が数字をいうのでそれについてきてください」

 

「1…2…3…」5秒を過ぎたくらいに

 

目の前がぼけ、眠ってしまいました。

 

私の場合手術終わりで安静室に入る際、少し意識があり、味わった事のない子宮の痛み

 

吐き気に襲われました。

 

記憶もあいまいですが布団の上で暴れまわったような記憶があります。

 

30分経過…まだ吐き気が…

 

吐き気はあるのに嘔吐はしません。

 

自分で指を口に入れ吐き出そうと何度もしてしまいました。

 

目の前はまだぐるぐるしており、麻酔はまだかかっている状態でした。

 

1時間程度うっすら麻酔がとれてきて、看護師さんより痛み止めを飲ませて頂きました。

 

座薬と服薬を選べたので、服薬で。

 

その後少しまた眠りました。

 

1時間半経過…だんだん意識もはっきりしてきて、涙が溢れました。お腹を擦り…

 

「もういないんだね、ごめんね、」

 

と何度も謝りました。

 

看護師さんがとても優しい方で

 

「また次、来てくれるから」と言葉を掛けてくれました。

 

2時間ほどで歩ける状態になり、彼に迎えに来て貰いました。

 

その頃には痛みなど全くなく、吐き気もなし。

 

子宮からも出血はなかったです。

 

手術が終わった安心感と、赤ちゃんに対しての申し訳ない気持ちが交互に

 

たった2ヶ月でも、私はこの子の母でした。

 

きっといつまでも、この日のことは忘れないと思います。

 

ごめんね、また会おうね。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る