• 2018.5.28
  • コメントは受け付けていません。

元旦那再三信じ、でも三度中絶

be01a6b6c195318afb9df7b9af1a034e_s

ニックネーム もー子

 

年齢は30代とだけ…。

 

四人の子供を持つシングルマザー。

 

最初の中絶は結婚前。

 

最初は喜んでいるような素振りで、お前は働きに出なくていい、オレががんばるから

 

と言っていた。

 

その言葉を信じたが、後日二股と借金が発覚。

 

認知はするが結婚はしたくないと言われ、親の勧めもあり中絶。

 

その後もトラブル続きだったのに、私は元旦那をなぜか好きだった

 

長男の妊娠を節目に元旦那と結婚。

 

その約2年後次男を妊娠、その間旦那は浮気していたが次男を里帰り出産。

 

兄弟は三人欲しいという私の理想があった。

 

そのまた約2年後、長女の妊娠が発覚、元旦那は正直嬉しそうではなかった。

 

でも中絶は考えず出産。

 

兄弟が三人出来て嬉しかった。

 

元旦那は依然としてお金の使い方がおかしい。

 

家計は火の車。

 

私の親の援助無しではやっていけなかった。

 

私も働きたいと言ったが、元旦那は最初私が働く事に賛成しなかった。

 

妻が働かないとやっていけないと思われたくない、というくだらないプライドだった。

 

がんばるから、何とかするから

 

という言葉を信じたが、やはり苦しく働きに出た。

 

いざ働きに出ると、生活費は減り、児童手当が回ってこなくなった

 

足りてるだろう、オレの方が金を使うんだ

 

という言い分だった。

 

この時初めて、元旦那は”親”になれない人なんだと思った。

 

一向に家庭は安定しなかった。

 

子供は父ちゃん大好きだったが、離婚が頭をよぎった。

 

でも、

 

がんばるから、何とかするから

 

という言葉を再度信じ、家族でいた。

 

長女を出産して2年後、妊娠が発覚。

 

産みたいと言った。

 

オレには無理だ

 

と言われた。

 

泣きながら二度目の中絶をした。

 

いい加減別れろと親にも言われ、親兄弟と仲が悪くなり始めた。

 

ごもっともだ。

 

それでも私は元旦那を好きだった。

 

どうか変わってくれと願っていた。

 

また妊娠した。

 

もう中絶はいやだ、産みたいと伝えた。

 

産んで良いと言ってくれた。

 

友人の引き抜きとバックアップもあり、元旦那は起業しようとしていた。

 

今度こそ家族を楽にさせてやる

 

と言ってくれた。

 

年齢的にも最後のチャンスだった。

 

私の親も信じるラストチャンスだと送り出してくれた。

 

でも、最悪だった。

 

元旦那には経営者としての自覚も覚悟もなかった。

 

ここには書けないような(万が一元従業員が見ていてはいけないので)ひどい有様だった。

 

そんな中、避妊に失敗し妊娠した。

 

絶対無理

 

となぜか笑っていた。

 

決断はお前に任せる

 

と、元旦那は責任から逃げた。

 

言葉が出なかった。

 

子供がいる手前つわりで吐きながらも平静を装い妊娠を隠した。

 

中絶の決断をした。

 

中絶費用も出せないと言われ、私名義でお金を借りた。

 

私は離婚を決意し、今に至る。

 

もっと早く別れていればよかった。

 

そうすれば我が子を殺す事もなかったと、元旦那を責めた。

 

でもそうしたのは私自身。

 

最低なのは私自身。

 

殺したのも私自身。

 

苦しく辛い、でも私以上に産んであげられなかった子供は苦しく辛く、痛い。

 

子供のために、どうか皆様、正しい判断を。

 

私のような人間にならないで…。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る