• 2018.4.24
  • コメントは受け付けていません。

新社会人の中期中絶

9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_s

ニックネーム ゆうき

 

社会人なりたてで妊娠発覚。20歳でした。

 

経済的、世間体、病気がちな私の体を考慮しての中絶となりました

 

生理が遅れがちだったので発覚した頃には12週3日。病院に予約が取れる頃には13週になっているという理由から中期中絶です。

 

札幌市にある小さな産婦人科で4泊5日の入院でした。

 

入院1日目はラミナリアを入れ、施術終了。ラミナリアを入れる時に唸る痛さではありましたが、特に強い痛み等はなく終了。

 

2日目は1日目に入れたラミナリアをとり、新しいものを複数本いれる施術。これが1番痛かったです。泣くほど。吐くほど痛かった。5分ほど青ざめて動けなくなったりと情けない思いをしました。

 

3日目は陣痛を起こすべく、朝早くから膣座薬を入れました。2日目の夜中から前駆陣痛のようなものがあり、なんども寝起きを繰り返していたので、すぐ来るかなとか思っていました。

 

6時に1回目の膣座薬、9時に2回目を入れました。その後すぐに出血、お腹が激痛。便秘の時のような痛さがありました。足の関節も痛い。ああ、出て来てしまうって思った瞬間、血ではない生温かい水が股に広がりました。

 

破水です。分娩台にすぐ移動しいきみたい時いきんでーって言われいきむとすぐに、『あ、出る。』って思った瞬間産まれました。14センチほどの男の子でした。ちなみに13週4日目です。

 

すぐに助産師さんに子供に会いたいと伝えると触ってあげてと連れて来てくれました。出血が多く、子宮収縮の痛みがつらかったのですが、子供の可愛さに、子供に対する申し訳なさに大号泣していて痛みなんて忘れてました。助産師さんは処置を済ますと、子供と2人にしてくれました。

 

その後、パートナーにも会わせたいと伝えると、本当は冷凍をするのですが、パートナーにあわせるまで冷蔵にしていただけました。

 

その後は筋肉注射で子宮収縮の薬を打ち、7日分の抗生剤、胃薬、子宮収縮の薬を処方されました。

 

4日目は全身麻酔で子宮内のものを吸引しました。麻酔がきいてから目が醒めるまで2時間程度でした。

 

翌日、退院しました。

 

子供のことを思うとつらくてたまらないです。

 

悔しい遣る瀬無い思いがこみ上げて来ます。

 

病院で火葬までやっていただいたので自分でやるのは水子供養だけという形でした。

 

2年経ちましたが、今だに辛いです。今日が命日なので投稿させていただきました。

 

私は、初期中絶ではなく中期でした。

 

中期だと実際に産みます。

 

母体にはかなりの負担がかかります。

 

初期だと全身麻酔で寝てるうちに終わるので。

 

ですが私は中期で良かったと思っております。

 

子供に会えた、名前をつけて供養してあげられた。ただの自己満足に過ぎませんが。

 

だからといって中期中絶を推奨しているわけではないです。

 

亡くなった子には自分が亡くなるまで会えないのだから、この道を選んだからには自分が死ぬまで死ぬ気で頑張るしかないと思いました。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る