• 2017.9.18
  • コメントは受け付けていません。

2回目の中絶でした。

2aa79a83aa31d29312c9bbebc1a55a3c_s

ニックネーム ひろみ

 

初めまして。私は31歳の女性です。

 

去年の9月に結婚し、結婚1年目になります。

 

私が初めて中絶手術をしたのは17歳の時でした。

 

その頃、私は援助交際をしており同年代の男の子とも遊んで性行為をしていました。エッチが好きだったわけではなく、何も感じなかったのです。

 

何故そのような行動に走ってしまっていたのか今でもよく分かりません。

 

ただ居場所が欲しかったのか、誰かに必要とされたかったのかもしれません。

 

親に負担をかけず簡単にお金を稼ぐ方法がそれしかないと考えていたのだと思います。

 

それに男性はバカな生き物だと見下すような気持ちもあったかもしれません。

 

私は母子家庭で育ち、4歳の頃から父親とは会っていません。

 

母親と祖母と弟との4人暮らしで母親はいつも祖母と喧嘩し、ヒステリーを起こしている不穏な家庭環境でした。

 

祖母は弱い者には優しい人で、私が弟と喧嘩しても弟が庇われ、誰にも愛されていない感覚が常につきまっとっていたのを覚えています。

 

私は小・中と虐めに遭っていましたがそれを親に話したことはありません。

 

先生に話しても助けてはくれませんでした。

 

そんな葛藤が高校生の時に爆発し私は家庭内暴力をするようになり高校中退し、通信制の高校に通いながら私は非行少女になりました。

 

不良と呼ばれる子達は自分と同じ、複雑な家庭環境で育った子が多く、そこで援助交際を覚えました。

 

16歳で週末のみスナックで働き

 

レディースにも所属しました。

 

援助交際で稼いだお金を服やアクセサリーに使ったり親と喧嘩して家出もよくしていました。

 

家出して先輩の男性の家に上がり込み、そこで輪姦されることもありました。

 

家出が長引き親が警察に相談し、援助交際していた相手の会社社長の男性は逮捕されました。

 

それでも、私は内緒で援助交際をしていました。

 

テレクラで知り合った男性に中出しされ、お金ももらえず逃げられました。

 

その同時期によく遊んでいた同年代のセフレの男の子が外出し失敗してしまったことがありました。

 

その後、生理が来ないことに気付き、検査薬をすると陽性、隣町の産婦人科へ行き妊娠していると告げられました。

 

援助交際で中出しされ逃げられた男性の子なのか

 

同年代のセフレの子なのか分かりませんでしたが援助交際の男性の連絡先は知らないしセフレの子ということにしました。

 

妊娠したことをセフレの子に告げると態度が一変、暴言を吐かれ逃げられました。

 

誰の子かも分からないし、親にも話せないし、産む気はありませんでした。

 

ただ、中絶手術費用が欲しくてセフレの母親に話しに行くと手術代を渡さ

 

「本当にごめんね。私もあの子には手が負えなくて…あんな子と関わらないで。2度とうちには来ないでね。」と言われました。

 

セフレの母親も息子の非行にはお手上げのようでした。でも冷たく感じました。

 

中絶手術にはセフレに立ち会ってもらいそれ以来、会わなくなりました。17歳の時でした。

 

援助交際した罰が当たったという後悔と産まれてくるはずだった大切な命を殺めてしまったという罪悪感に襲われ、1人で水子供養に行きました。

 

赤ちゃんは私がしている当たり前のこと全て何もしてあげれないまま死なせてしまった。

 

赤ちゃんのママはこの世で私だけなのだからこのことを絶対に忘れてはいけないと思い、私は腰に刺青を入れることにしました。

 

マリア様が赤ちゃんを抱っこしているデザインにしてもらいました

 

今思うと、自傷行為の一つだったのかもしれません。

 

刺青を入れたことはすぐに親に見つかりました。

 

法律上未成年への刺青は傷害罪になるとして

 

親が警察に通報しようとしましたが、上手く説得し、通報を取りやめてもらいました。

 

それから私は真面目に生きていくと誓い

 

美容の専門学校の受験をして、自分を大切にしてくれる男性と付き合うことにしました。

 

18歳になったし、援助交際はダメだけど風俗で働くのはいいと思っていたので、学校が終わったら風俗で働いていました。

 

とにかくお金が欲しい。そう思っていました。

 

でも、地元の掲示板に自分が風俗で働いていることが暴露され、罰が当たったと思い辞めました。

 

それから真面目に学校に通い

 

美容師になり真面目に働いていましたが、彼と別れ話になる度に自殺しようとして、未遂に終わり仕事も長続きしませんでした。

 

まともな仕事はできないと思い上京し、クラブでホステスをすることにしました。

 

何店舗か移動して出会ったママに

 

「女性は可愛いだけじゃダメ!知性と教養がないとうちのお客様は可愛がってくれないわよ。」と言われ

 

ママに紹介されたお客様に

 

絵画や陶芸、音楽、料理、読書、乗馬、ゴルフ、礼儀作法まで色んなことを教わり育てて頂きました。

 

こんな自分にここまで良くして下さって嬉しいという気持ちと、後ろめたい気持ちがあり

 

お客様に「私には実は刺青があります。」と話すと

 

「反抗期酷かったな?(笑)刺青は君の人生に障害になる。消してしまいなさい。お金は心配しなくていいし、名医を紹介する。いいね?この街にいる人間は色んな過去を背負ってるんだよ。

 

君は珍しく純粋な女性だから、色んなことに引っ張られて生きてしまったんだろう。

 

でも、その過去に引っ張られて生きていたら今までの努力が水の泡じゃないか!」

 

と説得され何もなかったかのように綺麗に消して頂きました。

 

ホステスの仕事は自分に合っていて

 

お客さんの紹介で知り合った会社員の男性と結婚しました。

 

私の旦那さんは所謂エリートで

 

とても誠実で優しく、純粋で、私には勿体ない人です。

 

旦那さんの両親も絵に描いたように素敵な夫婦で自分の母親を紹介する時に恥ずかしく思いました。

 

母親はヒステリーを起こすと場所や相手を考えず怒鳴り散らす人なので旦那さんの両親に怒鳴る日が来るんじゃないかと時より心配になります。

 

今、私は専業主婦をしていますが、旦那さんは毎日まっすぐ家に帰ってきていつも私を優先にしてくれます。

 

ですが何か生活に物足りなさを感じ、セックスレスだったこともありお客様だった男性と関係を持ってしまいました。

 

お客様は私が結婚していることを知りません。

 

それで最近、また妊娠してしまい中絶しました。

 

涙が止まらず、家にいれる状態ではなかったので旦那さんには実家に帰ると言いシティホテルで何日か過ごしました。

 

旦那さんにも結婚を祝福してくれた友人にも言えず、相手の男性にだけ話しました。

 

自分への怒りや罪悪感、自分が分からなくなって無気力になり食材の買い出しや家事まで旦那さんに任せきりで余計に不甲斐なさが増して死にたいと思ってしまっています。

 

旦那さんや友人の前での自分と家に1人でいる時の自分がまるで別人で本音と建前を使い分けて生活してします。

 

旦那さんがいない時間に色んなカウンセラーのブログやコラムを読んでいると幼少期や過去の抑圧された辛い記憶が無意識の潜在意識に埋め込まれ、それによって不幸を呼び寄せるような行動をとってしまうこともあると書いてありました。

 

全ては自分が招いた結果なのですが相手の男性にも旦那にも友人にも本当のことが言えず正直ここに書くのも怖かったです。

 

でも自分の力でここから抜け出すのは困難だと感じています。

 

カウンセリングに行って来ようと思います。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る