• 2017.6.24
  • コメントは受け付けていません。

中絶手術を受けてきました。

449790175eea126ccf8f3eafda99df71_s

ニックネーム 瑞樹

 

少し長文&乱文になります。

 

今日、中絶手術をしてきました。

 

この一連の出来事を忘れないためにも、気持ちを整理するためにもここに書かせていただこうと思います。

 

中絶手術に悩まれていたり不安に思ってる方の支えになれるかは分かりませんがこの出来事を知っていただけたらと思います。

 

私は21歳の社会人。

 

妊娠が発覚したのは8日前の金曜日。

 

当時妊娠6週目。

 

震えながらエコー写真を受け取り、何度もパニックで過呼吸になりました。

 

彼氏に報告すると「マジで?」と驚いていて。

 

その日に来てもらって、話し合いをしました。

 

私はもともとお腹が痛いという理由で産婦人科に行きました。

 

妊娠とは夢にも思ってなかったが、問診票には「もし妊娠していた場合は中絶希望」と書いていました。

 

今はいらないけど~そう簡単に妊娠しないだろう~ と高を括っていたんです。

 

本当にバカでした。

 

いくら中に出してなくても妊娠するんです。

 

「一回くらいゴムなしでも大丈夫だろう」って、思わないでください。

 

そんなことないんです。

 

妊娠しないほうが、運が良かっただけなんです。わかってほしい。

 

彼氏は私と歳は離れておらず、お互い社会人として働き一人暮らしをしています。

 

話し合いでは、

 

彼氏は「今、自分の生活だけでも大変なのに更に負担をかけることはできない。こんな状況で産んでも、まともに育てられないし、子どもを幸せにできない」

 

と言っていました。

 

私も産まないつもりだったけれど、エコー写真を見ていると「やっぱり生みたい」という気持ちが強まり

 

「本当に産めないかなぁ・・私たちじゃ育てられないかな・・・?」と泣きじゃくっていました。

 

経済力がないのも、覚悟もないのもあり「自分たちにはとうてい育てられない」という結論に至り、中絶することに決めました。

 

経済力も覚悟もないのに自分たちは考えも甘くて生セックスしてデキても産めない、まさに人間のクズ。

 

私は彼氏も自分もクズだと強く思いました。

 

自分の無責任さに、悲しくなり、辛くて、死にたくなりました。

 

将来的には子どもはほしいと思っていましたがとにかく今の私には育てきる「覚悟」がなかったんです。

 

その日は夜通し泣いて泣いて、目がパンパンに腫れました。

 

頭が混乱して、朝まで、寝れませんでした。

 

土日は親戚の家に泊まりに行きました。一人がつらくて。

 

親戚には子どもの話はなにもせず、何も考えられず、寝て、ひたすらボーっとしてました。

 

その間 中絶のことを色々検索してました。

 

いろいろ読んで、知ればしるほど涙があふれて、赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

自己嫌悪の塊でした。

 

親戚に心配されないよう、食べ物は無理やり口に詰め込みましたが、まったく味がしなかったです。

 

中絶するために病院も探しました。

 

最初に行った病院は先生も老医師で施設も汚く、対応も雑だったのでここで手術は失敗しそうと思い(ただの直感ですが)別の病院に決めました。

 

月曜日から、つわりが酷くなり始めました。

 

仕事を休み、母と一緒に新しい病院に行きました。

 

綺麗で先生も良心的な印象で丁寧に説明してくださいました。

 

二回目のエコー。

 

診察台の上にテレビ画面があったので動画が見れました。

 

「赤ちゃんがこれですね」と先生。

 

ドクッドクッと動いていました。

 

生きているんだなぁ・・・。また泣きそうになりました。

 

エコー写真を見ると、一回目に撮ったときより赤ちゃんは大きくなっていました。

 

手術の日を決め、母と食事をしながら話をしました。

 

「もう産める歳なのに、産まないっていうのが悲しいし、悔しい」

 

と母は言っていました。

 

私も同じ気持ちでした。

 

でも、私が今産んでも、彼氏とじゃまともなパパとママにはなれないし子どもにとっていい環境にはならないのは目に見えてるんだから

 

この選択は間違ってないんだ!と

 

言い聞かせていました。我ながら最低で、哀れでした。

 

火曜日も休みをとりました。

 

つわりで気持ち悪くておなか痛くて

 

だったので一日中、寝ころがって

 

でも眠れなくて 赤ちゃんのこと考えて泣いて、

 

寝転がって、泣いての繰り返しで

 

夜も電気もつけず暗い部屋でじーっと赤ちゃんのことを考えていました。

 

水曜日から金曜日の仕事は地獄でした。

 

ずっと続く吐き気、食べ物は味がしない。

 

立っているのも辛いのに会社の人にバレたくなかったので笑顔を意識していました。

 

毎日朝起きると「この世から消えたい」。

 

出勤するときも 帰るときも

 

「私も死んだら楽になるかなー」

 

「消えたいなー」と考えていました。

 

考えてはいるけど、死ぬ勇気はありませんでした。

 

結局今ものうのうと生きています。

 

つわりがなくなった今は今で、(食べ物の味は相変わらずしないものの)気持ち悪さや吐き気は治まり心にぽっかり穴があいたようで、むなしいです。

 

あの時の苦しさは赤ちゃんがいたからこその重み痛みだったんだな・・と・・・。

 

再び訪れた金曜日は前手術のせいでおなかが痛くて苦しくて何度も夜中に目を覚ましました。

 

そして手術当日。不安でいっぱいでしたが、ほかの体験者様のお話にもあったように睡眠薬を打たれるとすぐ意識がなくなり気が付けばベッドの上でした。手術の記憶はありません。

 

彼氏とも今日、直接話をして別れました。

 

好き同士で付き合ったはずなのに今は愛情がなくなってしまいました。

 

しばらく誰も愛せる気がしません。

 

それに彼には将来性が無さすぎます。未来が見えません。

 

心配はしてくれていたので今後もサポートはしてくれるようですが 精神的にも 肉体的にも 恋人には戻れないです。

 

それでいいと思ってます。

 

どこかのサイトで「中絶や流産する赤ちゃんは天国に還っていくことを分かってても、何かを伝えるために舞い降りてきた」

 

という記述を見ました。

 

私のところにきた赤ちゃんはいったいなにを伝えにきてくれたのか

 

ずっと考えていました。

 

いろいろとあるのですが。

 

私にはやはり

 

「覚悟と責任をもって、強く生きろ」と言いにきたのかなって・・・。

 

近々、水子供養に行きます。

 

この子が来てくれたことで私は人生の中でとても大きな経験をしました。

 

後悔もしましたが結果的に、私は中絶したことは間違ってないと思っています。

 

産んだはいいけど育てられなくて虐待になったりするほうがその子にとって不幸です。

 

間違っていたのは一番はじめの自分です。

 

軽い考えで行動してしまった自分・・・。憎いです。

 

二度とこのような悲しい経験をするわけにはいきません。

 

ほかの方にも経験してほしくありません。

 

短い間だったけど、愛してたよ。

 

こんな私のところに来てくれてありがとう。

 

おなかをさすっていたのが懐かしいです。

 

なにがあっても この子は私の第一子です。

 

この子のことは一生、忘れません。

 

先の事はわからないけど、次、また戻ってきてくれたのならその時はしっかり育ててあげたいです。

 

ごめんね。ありがとう。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る