• 2016.10.4
  • コメントは受け付けていません。

私のユウキ。

el140093223_tp_v1

ニックネーム M

 

21歳 社会人です(とても長文となります。)

 

 

本日、妊娠初期の中絶手術を行ってきました。

 

 

今日というこの日を忘れることがないよう、鮮明に覚えている内に書かせてもらいます。

 

 

相手は、友達の紹介で知り合った6歳年上の彼氏。

 

 

とても気が合い、年上とは思えないほど無邪気で何をするにも思いきり楽しませてくれ、一緒にいるとすごく楽しくて大好きです。

 

 

その彼とsexをする時は、必ず避妊はしていました。

 

 

ラブホテルではなく、旅館に泊まった時もわざわざコンドームを持ってきており、無責任なことはせず、しっかり避妊してくれていました。

 

 

ですか、やっぱり100%ではないんですね。

スポンサーリンク

 

元々私は生理不順はなく毎月順調に生理はきていました。

 

 

予定日1週間前から胸が張っており、いつも通り「あーそろそろくるなあ」と思っていましたが、なかなかきませんでした。

 

 

その代わり、実際に嘔吐はなかったが嘔気が持続、匂いに敏感になり気分が悪くなる、大好きだった食べ物が急に受け付けなくなる、胸はずっと張っている、そんな症状が続き気付けば予定日から3週間が過ぎていました。

 

 

ここまでくれば何かおかしいとさすがに感じ、友人に相談し一緒に薬局に行き妊娠検査薬を購入。

 

 

家に帰って1人で検査しました。

 

 

結果は数分後に出ると書いてたのに、すぐに陽性反応がくっきりでました。

 

 

その時私は、全然実感が持てずただただ唖然。

 

 

とりあえず証拠、と思い携帯で写真だけとり

 

 

そのまま紙につつみ捨てました。

 

 

元々誰かに大事なことを相談するのが苦手な私はその友人にも陽性反応が出たとは言えず、、連絡もできず、、もちろん大好きな彼氏にも言えず。

 

 

絶対彼氏だけには言ったほうがいい!

 

 

ということは頭では分かってました。

 

 

ですが、言えなかったんです。ほんとに誰にも。

 

 

3日後、産婦人科に行きました。

 

 

その産婦人科は、中絶手術で有名な所でした。

 

 

そう、私は中絶を選択したのです。

 

 

私は病院に勤めており、就職してから2年目、来年4月には部署移動もありまだまだこれから成長していく、という時期だったのです。

 

 

そう簡単に仕事を辞めるわけには行かず、赤ちゃんと仕事、仕事を優先してしまいました。

 

 

女手ひとつで5年間専門学校に通わせてくれた母親のことを考えたら、そんな簡単に仕事は辞めれませんでした。

 

 

何より、私自身もこの仕事が好きでしたから。

 

 

まだまだ成長したいと思っていたから。

 

 

そしてそこの産婦人科での問診表は、妊娠を継続するか、中絶するかの選択肢があり○を付けないといけなかったが、私は中絶するに○が出来ず、未記入のまま提出。

 

 

受付では「迷ってるんですね」と言われました。

 

 

そして番号札を呼ばれ診察室へ。

 

 

一通りのことを質問され、内診へ。

 

 

エコーをとり妊娠確認。もう既に9w1dでした。

 

 

再び診察室へ戻り、先生からお話がありました。

 

 

「もう結構大きいよ。手術はいつにする?」

 

 

と急に言われ、エコー写真を一枚くれました。

 

 

もちろん「おめでとうございます」という言葉もなかった。だって中絶専門と言ってもいいほどの産婦人科でしたから。

 

 

先生はどんどん手術の日程を決めていきます。

 

 

私の仕事の都合で、10w5dのときにすることになりました。

 

 

先生からの話が終わり、看護師さんから詳しい

 

 

日程や流れを説明されているとき、涙が止まりませんでした。

 

 

同意書には、相手のサインもほんとならいりますが、彼には言ってない、誰にも言うつもりはないと看護師さんに伝え、先生の許可をとり配偶者サインの所には「不詳」と書き、母印を押しました。

 

 

その日の受診が終わり、家に帰ってからもエコー写真を見ると何とも言えない気持ちになり涙が溢れて止まりませんでした。

 

 

それから手術前日まで、ただ平凡に暮らしていました。

 

 

つわり症状もあるし、身体もだるい、ご飯も食べる気になれない、でもそんなことは言ってられず、親や彼の前ではご飯はしっかり食べ、職場では、笑顔を絶やさずいつも通りに過ごしていました。

 

 

彼の前でもそうです。何も勘づかれないように。

 

 

そして手術前日の夕方、ラミナリアを挿入するため受診。

 

 

挿入時は痛みはありましたが叫ぶような痛みではなく、我慢出来る痛みでした。

 

 

ラミナリアを数本挿入。挿入直後は何か違和感はありましたが、そんなに気になりませんでした。

 

 

中絶手術費用、9万7000円もこの日に払いました。

 

 

その後帰宅し自宅で安静に過ごしていました。

 

 

この日の0時から絶食、水分のみ当日の10時までなら可でした。

 

 

そして手術当日、午前中の手術でした。

 

 

自分の運転で行くことは禁止されていたためタクシーで産婦人科へ。

 

 

受付で問診され、体温測定を行い、番号札をもらい呼ばれるのを待ちました。

 

 

とうとう番号が呼ばれ内診室へ。

 

 

私は手術室ですると思っていたため、「あーこんな普通の内診台でするんだ」とどこか冷静な部分がありました。

 

 

ズボン、ショーツを脱ぎ内診台へ。

 

 

看護師さんからは「大丈夫だからね、不安になることはないよ」と優しく声をかけてもらいました。

 

 

モニター、酸素マスク、血中酸素濃度の機械を付けられ、血圧測定をされました。

 

 

私は元々血圧は低めで大抵上が100ありません。

 

 

でも今日は少し高めで、看護師さんからは「今日は上が104あるよー、少し緊張してるのかなー」と言われ、そんな話を笑いながらしてくれていました。

 

 

そして唾液の分泌を抑制する注射を皮下注射で1本注入。

 

 

そしてメインの点滴を右腕から施行。

 

 

「じゃあどんどん麻酔が効いてくるからねー」

 

 

と言われ、側管から麻酔薬を注入。

 

 

どんどん天井がぼわーとなるのがわかり、私は「今麻酔が入ってきてるんですねー」と言いながら、ピ・ピ・ピ・ピ・とモニターから聞こえる自分の心音のリズムを聞きながら意識を手放しました。

 

 

時間にしたら約30分〜40分後、器具を片付ける音がし、目が覚めました。

 

 

そばにいた看護師さんに、「もう終わったんですね」と言ったら、「手術は15分ぐらいで終わったよ。じゃあモニターとか外して行くね」と言われ、すべて外されていきました。

 

 

この時の私はまだ意識朦朧で、ショーツはいつの間にか履かせてくれており、ズボンを履かせてもらい、フラフラなまま看護師さんに支えてもらいながら隣の部屋に移り、完全に麻酔が切れるまで安静にしていました。

 

 

手術開始は11時、多分部屋に移ったのは11時40分頃。

 

 

看護師さんが数回様子を見にきてくれ、いろいろ説明はしてくれましたがあまり覚えていません。

 

 

しばらく寝て、一度トイレに行きましたが膣の中に止血ガーゼを入れているためナプキンには出血はついていませんでした。

 

 

そして14時半、看護師さんが訪室。

 

 

「そろそろ時間だから内診室に行けるかな?大丈夫?」と言われ、私も大分麻酔は切れ意識ははっきりしていたためそのまま内診室へ。

 

 

経過は問題なく、膣に挿入していた止血ガーゼをとり、終了。

 

 

少し嘔気があったためそれを先生に言うと、薬を1錠だしてくれました。

 

 

術後の嘔気は麻酔の影響もあり、6時間程で落ち着くとのこと。スポーツドリンクを摂取するよう勧められました。

 

 

最後に受付で5日分の鎮痛剤・止血剤・抗生剤をいただき、次回1週間後の受診日を決め、「お大事に」と声をかけられ、そのままタクシーで自宅へ帰宅しました。

 

 

なんだか最初から最後まであっけなく、今は言葉に出来ない気持ちです。

 

 

家に帰ってからも罪悪感からか、涙が止まりません。

 

 

なかなか子どもを授からない夫婦もいる中、私のお腹にいた赤ちゃんは、私たちの子どもになりたいと思ってくれて、宿った子なのに。

 

 

ユウキ。男の子か女の子かわかりませんが、私が付けた赤ちゃんの名前です。

 

 

10w5d、もう40~50mmまで成長し、イチゴぐらいの大きさとなっていました。

 

 

痛い思い、辛い思いをさせてしまってごめんなさい。

 

 

一生忘れることはありません。

 

 

ずっとずっと私の中にユウキはいます。

 

 

こんなことを書いて、自己満と思われてもしょうがないと思います。

 

 

だけど、今日というこの日のことは忘れたくないし、今現在や、これから先私と同じような体験をしている人がいるなら、少しでも参考になればと思います。

 

 

ここに書いてる人たちの記事を見ていると、それぞれ皆辛い思いをしているのがよくわかり、心にとても響きます。

 

 

友人や親、彼にも誰にも相談出来なかったことをここで書かせてもらいました。

 

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る