無料で中絶の相談ができる所って?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-KAZ93_kosumosu02500-thumb-1000xauto-12203

すべての女性にとって、人工妊娠中絶という選択は非常に厳しいものです。

 

 

たとえば一人の女性が、妊娠をしたとして、中絶すると決まっていなくても、それを素直に祝福したり

 

 

されたりすることなく、「中絶しろ」と言われたり、「中絶するか、しないか」を悩まなくてはならないということは、どんなに苦しいことでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

それは、男性にとっては特に、なかなか「ぴんとくる」ものではないようです。

 

 

人によっては、ちょっと器具を身体に入れて、腫瘍かなにかのように切り取って、それでおしまい。

 

 

腹部を切るわけではないのだから、傷だってできないし、そのへんの病気の手術よりもよほどラクチンだ……と思っている人もいることでしょう。

 

 

ところが、病気の手術は、本人の身体にとって危険なものを切除するわけですが、中絶はそうではありませんよね。

 

 

逆に、本人にとって多くの場合愛しい、そしてかけがえのないものを、取り除かねばならないということ。

 

 

その取り除く方法だって、切開して取り除く病気の手術とは異なります。自分の身体の中に、入るべきでないものが侵入する。

 

 

そして、さっと切り取るのではなく、ぐちゃぐちゃに壊して無理矢理身体の外に吸い出してしまう……。中絶では、そんなことが行われるのです。

 

 

ですから、中絶はすべて、ほぼ100%がやむを得ず行われることではありますが、その際の最も身近な無料相談の相手は、妊娠のパートナーであるべきだと思います。

 

 

中絶することになってしまったとしたら、そのパートナーの声をすべて聞いて、寄り添っていただきたい……しかし、それだけでは足りませんね。

 

 

中絶する女性は、十中八九、自分の心の中すべてを、パートナーに見せてはくれないことでしょう。

 

 

言いたくても言えない。あるいは言葉にならない。そんなことが実際、中絶には多すぎます。

 

 

もしもあなたが、中絶する女性のパートナーだとしたら、インターネット等の手段を使い、中絶経験のある女性の声を集めてみてくださいね。

 

 

あなたのパートナーが口に出すことができずに過している、さまざまな思いが見えてくることでしょう。

 

 

ひとつ統計によりますと、パートナーの男性が親身になって女性に寄り添ってくれた場合は

 

 

そうでない場合に比べて、女性が心的外傷などの中絶行為症候群を抱える割合が、半分以下に激減します。

 

 

あなたもまた、無料の相談所を探しているのかもしれませんが、その前に、あなた自身が女性に寄り添うことで

 

 

解決できる可能性があるということを忘れずにいていただきたいと思います。

 

 

さてしかし、すべての男性が、中絶に対して積極的に理解を示すとは言えないのが、残念ながら現実です。

 

 

パートナーの協力が得られないがために、無料で相談できるところを探さねばならない女性も多いことでしょう。

 

 

また、本当のところを言うと、パートナーがだめなら、親に相談するのが次善の策であるのかもしれませんが

 

 

親御さんとの関係、あるいは親御さんの性格などをかんがみて、どうしても相談できない……という方はたくさんいらっしゃいますね。

 

 

そんなときは、きついでしょうけれども心をつよく持って……無料で相談できるところもありますので、希望を見失わないでくださいね。

 

 

そして、まだ中絶手術を受けていないのだけれど、中絶について検討したい、相談したい……というような場合には、どうか一日もはやくご相談なさってください。

 

 

中絶についての相談がどのような件であったとしても、中絶を行うのなら、初期中絶が妊娠12週未満、中期中絶が22週未満、22週を過ぎると中絶は行うことができない……

 

 

という時間的な制約からは逃れることができません。

 

 

このような件で先を急がねばならないのは、苦痛であることは否めませんが、期限があることだけは気に掛けておきましょう。

 

 

中絶のことを無料で相談できる窓口は、全国に存在しています。

 

 

ケースによりますが、中絶が性暴力に関連したものであれば、各都道府県に、「性犯罪被害110番」が設置されています。

 

 

無料の相談電話で、警察庁のホームページに電話番号などが掲載されていますので、お住まいの地域のホットラインを選んでくださいね。

 

 

また、中絶についての無料相談窓口を設けているNPO法人も複数あります。

 

 

これらは、電話相談だけでなく、メール相談を受け付けているところが多く、24時間いつでも、相談をすることができます。

 

 

中絶の件では、対面で相談することがはばかられる、人に会いたくない……という気持ちも正直なところ、ありますよね。

 

 

そんなときも、無料のメールなら話せることがあるかも……。そう思いませんか?

 

 

このような、NPOの窓口は、インターネットで「中絶 無料相談 NPO」などのキーワードで検索しますと、すぐに見つかります。

 

 

それから、これらとは別に、「にんしんSOS」「妊娠ホットライン」といった相談機関も、全国各地に設置されています。

 

 

これも、「にんしんSOS」「妊娠ホットライン」等のキーワードで見つけることができますので、探してみてください。

 

 

予期しない妊娠、望んでいない妊娠、やむを得ない事情に苦しんでいるのは、あなただけではありません。

 

 

誰にも相談できない……という孤独を抱えているのも、あなただけではありません。

 

 

あなたの彼や、身内ではないからこそ、話せる何かがあるかも。恐れることなく、電話やメールで、相談してみてくださいね。

 

 

~経験談募集 一人で悩まないで~

ページ上部へ戻る